引っ越し業者 諫早市 粗大ごみ

引っ越しと粗大ごみ

引越し 粗大ごみ 処分

 

壊れた家電や傷んだ家具、引越しの際に買い替えを検討している家財はありませんか?

 

引越しはこれらの断捨離のチャンスでもあります。
まずはいらないものを選別して、思い切って断捨離しましょう。

 

それに家具は大きいので新居に持っていこうとすると引越し料金がかさむ可能性もあります。
それなのに新居に運んだ後で、やっぱりいらないから捨てようというのは時間もお金も無駄にする行為です。本当に勿体ない話です。

 

新居に運んでしまったからには、あと数年使い続けることにもなります。

 

粗大ごみはいつでも好きなタイミングで捨てられるものではなく、捨てるまでにちょっと手間がかかります。
市区町村によって回収方法は違いますが、一例として挙げてみますね。
粗大ごみを捨てるにはだいたい以下のような2つの方法があります。

 

@回収業者に引き取りに来てもらう場合。

 

自治体には粗大ごみの処理施設がありますので、そこに電話をかけて粗大ごみを引き取りに来てもらう日を予約します。
次にコンビニなどで「粗大ごみシール」を手数料分買って貼り、約束の場所に時間以内に置いておけば業者が回収に来てくれます。
粗大ごみシールは粗大ごみ1つにつき1枚必要で、手数料はごみの大きさによって異なります。
ついでに持って行ってくれないかな・・・とその場に置き去りにしたら、不法投棄になりかねませんのでお止めください。

 

A自分で持って行く場合。
同じく電話にて持ち込む日時の予約をして、指定された時間に申請した粗大ごみだけを自分でリサイクルセンターに持ち込みます。

 

どんな粗大ごみがあるのか聞かれますのでメモを用意しておきましょう。
しかし自分で持っていく場合は、粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ここで注意点があります。
粗大ごみ扱いができない家電がいくつかあります。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法によって、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。購入した場所が近く出ない場合は、自治体にご相談ください。