一人暮らし 引越し挨拶 防犯

一人暮らしの引越し挨拶と防犯

一人暮らし 引越し

 

引越しをしたらご近所へ挨拶に行く。
それが当たり前だと思っていましたが、一人暮らしの場合はその必要がないとされています。

 

なぜなら、一人暮らしは防犯面での不安が大きく、空き巣や変質者に狙われやすいからです。
不動産会社も「一人暮らしの方は挨拶に行く必要はありません」と指導することもあるそうです。

 

特に女性は下着泥棒やストーカーに目をつけられることもあるので、一人暮らしであることを広く公表しないほうがいいと考えられるようになりました。
日本は安全で平和な国ではなくなったのです。

 

一人暮らしの方は自分自身で身を守る方法を考えましょう。

 

・物件を選ぶ時に、セキュリティーの高いオートロック物件や防犯カメラのある物件を選ぶ。
・2階以上の部屋にする。
・鍵を開ける際は誰かが後ろにいないかチェックして、すばやく中に入って鍵をかける。
・郵便受けにも鍵をかける。
・1階はもちろん、2階以上であっても窓を開けっ放しにせず、どんなに小さい窓にも鍵をかける。
・下着は外に干さない。
・必ずチェーンロックをかける。宅配業者も本物かどうかを確認してからチェーンロックを外す。

 

そこまでする必要があるのか?と思われるかもしれません。
しかし防犯対策はしすぎて困るなんてことはほとんどないので、出来そうなことはいろいろやりましょう。

 

一度でも知らない人が家の中に入ってきたら、女性とか男性とか関係なく怖いです。命の危険もあります。

 

セキュリティーの強い物件であっても、100%侵入者を防げるものではないので、玄関にカギをかけないとか窓を開けっ放しにするような行為は一人暮らしに慣れても絶対にしないでください。

 

普段から防犯意識を持って生活することを心がけましょう。